大阪 タイムテーブル


9:30- 受付
10:00-10:15 ご挨拶
アルテアエンジニアリング株式会社
HyperWorks技術本部 シニアテクニカルスーパーバイザー
芝野 真次

10:15-11:00

電機業界に向けた近年のHyperWorksの発展

営業技術部 シニアテクニカルマネージャ
脇坂 洋平

近年追加されているHyperWorksのさまざまなソリューションの中から、特に電機機器設計に役立つソリューションをご紹介し、今後のソリューション開発の方向性をご説明します。

11:00-11:45

電気製品開発におけるHyperWorks活用のCAEトータルソリューション

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター
アクチュエーション事業統括部 設計ソリューション開発部 
開発1課 課長
中瀬 清隆 様

  休憩

12:45-13:25

設計者展開を見据えた大規模振動解析と落下衝撃解析

営業技術部 シニアアプリケーションエンジニア
小林 泰

電機製品において、大規模振動解析や緩衝材を使った落下解析の設計者展開のニーズが高まっています。設計者展開のために必要となる高品質オートメッシング、作業の標準化、ロバストで高速なソルバーをフル活用したソリューションをご紹介します。

13:25-14:10

電機製品向け、熱マネージメント、騒音問題ソリューションのご提案

HyperWorks技術本部 シニアテクニカルスーパーバイザー
芝野 真次

高発密度化が進む電気製品は発熱密度が高く、熱管理がますます重要となっています。 そこで重要なのが伝熱3形態を考慮した熱流体解析です。冷却用ファンコンポーネント機能を用いた解析や、熱流体解析における最適化解析手法を提案します。
  休憩

14:20-15:05

EMC/EMI対策紹介とモーター性能影響評価

熱流体・電磁場解析技術部 テクニカルマネージャ - EM
山倉 鉄矢

多くの異なる帯域の電磁場が存在する環境に対し、FEKOを用いた電磁場障害(EMC/EMI)の対策事例をご紹介します。また、より効率性を求められるモーター設計について、Fluxを用いた解析事例もご紹介します。

15:05-15:50

インバータの1Dモデル化によるHEV電動モータの性能 / 熱シミュレーション

solidThinking事業部 シニアテクニカルスーパーバイザー
由渕 稔

HEVの走行性能や燃費をシミュレーションするための1Dモデルをモデルベース開発手法を利用して構築しました。本発表では、その中でモータに着目し、インバーターを1Dシミュレーションのために詳細にモデル化した事例をご紹介します。モータのモデル化詳細度(3Dとの連成、応答曲面、理論式)の比較も併せてご紹介します。
  休憩

16:00-16:45

白物商品開発におけるHyperWorks活用事例

シャープ株式会社
健康・環境システム事業本部
要素技術開発部 CAE推進チーム 課長
岩津 正幸 様

17:00

閉会
  閉会後、ユーザー様同士の交流の場としてネットワーキングの時間を設けます。ぜひご参加ください。
※2018年6月1日更新
※プログラム内容は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
Image
つるやホール本館
2018年6月29日(金)

Image
コングレスクエア日本橋
2018年7月6日(金)
アルテアジャパン
HyperWorks

Sponsors